サララーサ vol.1 銀も無添加の時代へ

― アレルギーのことを真剣に考えた純度99.9%(銅不使用・特許製法)の高硬度シルバーアクセサリー ―

サララーサとは、独自開発の表面硬化処理を施した純度99.9% 銀製品シリーズの総称です。
これまでは不可能とされていた純度99.9%銀のまま銀合金(SV925)と同程度以上の硬度を持つ製品の量産化に成功しました。
※2020 年7 月 特許取得 特許第6723678号

sara(サラ) は、彫金業界での純銀の通称「サラ」そして、rasa( ラーサ) は、ラテン語の「磨く」の意味を持ちます。
哲学用語のタブラ・ラサはJohn Locke が著書「教育論」の中で、「人間の心は生まれたとき全白紙の状態であり、
経験からの印象により知識が成立する」と主張した際に用いた「白紙」を意味する言葉です。

「まっさら」から新しく始めるという意味を込めて、純銀そのものの自然な風合いや質感、その無垢な美しさと、
身にまとうことによって引き出されるその人自身の美しさを、新しい価値として発信します。

― なぜ、「純銀」︖ ―

MISTY は35 年間、メタリックアクセサリーブランドとして様々な地金素材とその美しさを追求してきました。
それと同時にお客様と日々向き合うなかで、現代社会の変化に伴い身に着ける人の心と体にも変化が訪れていることを感じていました。
そのうちのひとつは、金属アレルギーをお持ちのお客様の増加です。金属アレルギーへの取り組みとしては、
ニッケルフリー、チタンやサージカルステンレスが話題に挙がることもありましたが、個人の体質によるところが大きく、
単純にニッケルを除去しただけではアレルギーへの影響を少なくできたとはいいがたい実情があります。

また、宝飾品に使用される金属は希少性、質感、光沢感、重量感などが交わることではじめて魅力的になります。
こうした条件を満たす金属素材として銀に着目しました。
銀がアレルギー反応を起こしにくい金属であることはあまり知られていません。
個人差はありますが、銀製品のアレルギーの原因は、主に合金化する際に配合される、ほんのわずかな銅であることがわかっています。
「銅を配合せず、一定以上の硬さになるよう製造する」というコンセプトの製品開発が始まりました。

 

― 3 倍、硬く ―

研究の末実現した製独自の表面加工を施すことで、これまでは不可能とされていた純度99.9% 銀(SV999)を一般的な
銀合金(SV925)と同程度以上の硬度で製品化することに成功しました。驚くべきことに、何も加工していない純度99.9% 銀の
3 倍以上の硬度になります。

次回からはこの「sara rasa」シリーズで得られる銀の持つ3 つのメリット、

魅力① 金属アレルギーに対する影響が少ない

魅力②変色後のお手入れが簡単

魅力③銀本来の色味が楽しめる

について詳しくご紹介いたします。

Vol.2はこちら